こわーいこわーい中耳炎

飛行機に乗った時に多くの人が悩まされるものの一つに耳痛があります。

飛行機は何万フィートという高い高度を飛ぶため、飛行機が上昇している時と降下をしている間は気圧の変化がおこります。

ポテトチップスの未開封の袋を上空で見ると、パンパンになっているのを見たことがあるかと思いますが、これは袋の中の気圧と外の気圧に差が出来たことによりおこる現象です。

耳の中には鼓膜があり、鼓膜の内側と外側で気圧の差がおこり、圧迫されて痛みがおこります。飛行機が急降下したりすると急激に圧迫され特に強く痛みを感じる時があります。

また、鼻炎やアレルギー、風邪などで鼻がつまっていたりすると耳への通りが悪く耳痛だけにとどまらず、耳がつまってしまいます。

 

主な対処法としては点鼻薬を常備したり、あくびをしたり、飴をなめたり、水を飲んだり様々な方法があります。

私がCAとして身につけた方法としてはバルサルバ法という、鼻をつまんで鼻から息を思い切り出すやり方がありました。(バルサルバ法はなかなか最初は難しいので、やり方をきちんと調べたりしてやってみるのをお薦めします)

 

私がやりたかったCAの仕事を引退するきっかけになったのが、この耳つまりです。

もともとアレルギー持ちで鼻が出たりつまったりしやすい体質でした。地上にいれば問題ないことでも飛行機に乗るとそうはいきません。少しでも調子が悪いと耳がつまり、さらに、毎日飛行機に乗り続けると最悪中耳炎になることも多々ありました。中耳炎になるのをビクビクしながら乗務する日もあり、せっかく大好きな飛行機で仕事をするのに薬が欠かせなくなるのは非常に苦しいことでした。

 

一見華やかに見えるCAが体力勝負の仕事と言われる理由はこういったことによります。飛行機という乗り物は乗るだけで体力がいる乗り物です。気圧の変化により耳痛だけでなく頭痛がする人もいたり、機内は非常に乾燥している為、感染しやすい環境でもあります。また、揺れる機内で立っているのも非常に踏ん張った状態で腰を痛めることもあります。その為、私のように好きでなったCAの仕事を体質が合わずに断念してしまう人も少なくはありません。それでも、それぞれ予防したり、体力をつけたりして日々頑張っているCAもたくさんいます。

 

最後に、飛行機に乗って耳痛を防止するために、

一番やりやすい方法は、飛行機に乗ってから、また、着陸の20分前に飴をなめ始めましょう。水をこまめにとるのも良いです。あまりにひどい方は耳鼻科で点鼻薬をもらっておくと良いでしょう。

ちょっとマイナスな部分をあげてしまいましたが、飛行機の良い所もたくさんあります。これからまた紹介していきたいと思います。