TOEICの壁

CA受験の際にもう一つ大切なのが英語力です!

CAの英語力として、基本的にほとんどの航空会社がTOEIC600点を基準にしています。

あくまで基準なのでTOEIC600点に達していなくても、受験は可能ですし、合格する人もいます。

また、英語以外に他の言語も必要とされてきていますが、やはりまずは英語が何よりも大切です。

 

 

以前にアナウンスの紹介でもあげましたが、英語のアナウンスも必要になりますし、何よりも外国籍のお客様との会話は英語がベースとなります。英語が話せなくては仕事上厳しい事もあります。

それに、TOIEC600点は一応基準なので持っていた方が、印象的に良いことは間違えありません。。。

 

私自身も、英語は得意ではありませんでした。特にTOEICはどうしても苦手で思ったようにすぐに伸びず、600点取るのに苦労しました。

600点に足りない時点で受験し、合格を頂いた会社もありましたので、やはりあくまで基準なのは間違えないと思います。

最近のTOEICの傾向は分かりませんが、学生の時TOEIC受験で良く聞いていたのは、普通の英語の勉強とは違い、TOEICにはTOEICの対策があるという事です。

なので、英語が苦手な人も、TOEICの形式に慣れ、傾向をつかんだらいきなり得点が上がる人もいます。

 

勉強法も参考書も人それぞれ合うものは異なると思いますが、私なりの対策をいくつかご紹介します。

 

①まずは語彙力を増やす

②参考書は1、2冊だけにする

③日程を絞って受験する

という3点です。

 

まず、語彙力を増やす事に関して。

TOEICは長文問題も多く、時間との戦いになる事が多いです。その為、文法はもちろんですが、それよりもスピーディに語彙を拾って読解していく事が重要だと思います。私の経験上、英語が苦手な人は、文法よりもいかに長文で点数をとれるかが重要だと感じました。

少しでも長文の意味を理解できるように、まずは単語の知識を増やすことから始める事が、意外にも得点を上げる大切な下積みになります。

 

そして、2番目に参考書に関してですが、友人の紹介やネットで調べて、おススメの参考書をたくさん使って勉強してきましたが、自分に合う参考書を見つけるのはなかなか難しいです。

そもそも英語が苦手な私は、参考書の問題というよりは何に問題があり、どこで点数がとれていないのかしっかり把握できていなかったのが、点数が上がらなかった理由だと思います。

次々におススメの参考書に手を出すよりも、暗記するくらい一冊の参考書を繰り返す方が絶対に何かしら身に着くはずです。

私も、初めて600点達した時は、このやり方で、自分で何となく選んだ参考書を信じて一冊を何度も繰り返しやりました。(ちなみに、過去問ではなく、ある程度攻略方法が紹介されてあり、プラスで問題集が載っているような参考書だったと思います。)

 

最後に、日程を絞るとあげましたが、よく、受け続けたら点数が上がると聞きますが、それは私の経験ではあまり当てはまりませんでした。

もちろん、受けなければ始まりません。

しかし、何度も受けたからといって、点数が自動的に上がることは珍しいと思います。

それよりも、ある程度受験する日程を決めて、その日に向けて計画的に勉強して行く方が、なによりもやる気が違います。今回、目標点に達成しなかったから、次でいいや、またダメだったら次で、、というように、ただただ時間ばかり過ぎて、受験費も無駄になってしまいます。

やるからには、目標を決めて取り組む方が効率的だと思います。

 

個人的な経験によるTOEIC対策法ですが、現に点数に伸び悩んでる方には、ぜひ試して頂きたいと思います。あきらめずにやってみて下さい☆